感無量

少し前になりますが、愛知県豊田市で開催されている挙母木綿手紡ぎ手織講座を
見学させていただきました。
手紡ぎ手織り木綿の研究をなさっていた佐貫尹さんという方が指導されていたグループで、
佐貫さんが亡くなられた後も意思を継いで活動、研鑽なさっておられます。ちょうどその日は
上級の方がそれぞれの作品や手紡ぎ糸を持ち寄り評価しあう研究会の日でした。うまくいったこと、いかなかったこと、工夫していることなどを率直に話し合い、より高いレベルの布にしようと取り組んでいらっしゃるのが素晴らしく、私、感無量でした。織りをしている者として
そうした話は楽しくって仕方がないのです。その研究会を参考に、さっそく私たちも手紡ぎの勉強のため糸の観察会を始めています。

2016.5.5 土屋